第2回e-CC研修セミナーコンテンツ

Pocket

演題:東京大学の「理想の教科書UT-eTEXT」

講師:東京大学大学総合教育研究センター特任教授 藤原 毅夫

要約: 東京大学では、大学外の一般の方々、学生を対象にUT-eTEXTの試みを開始しています。 これは教養学部1,2年生を対象にした学術俯瞰講義をもとに、それを電子教科書として学外に提供するものです。 学術俯瞰講義は、学術の全体像或は分野相互の関係を俯瞰し提供するもので、東京大学が誇る教員が担当しています。これにさらに関連情報や基礎概念を付け加えています。 大学が学外にこのような講義コンテンツを提供するためには、著作権許諾処理が必要となります。東京大学では、UT-eTEXTのシステムの中に、著作権処理情報を管理するシステムも備えており、大量な著作権情報とその許諾状況などを一括して管理します。本講演では、UT-eTEXTを紹介するとともに、編集系、著作権情報権利系システムを紹介します。

Website:  ・東京大学の「理想の教科書UT-eTEXT」(WebELSコンテンツ)

http://webels.e-cc.asia/WebELSx/flashview.jsp?id=13778334&validkey=187f2666f6160b501090217345f02ae0

※e-CC用WebELSサーバは静岡大学様クラウド情報基盤 SUCCES(Shizuoka University Cloud Computing Eco System)上で動作しています。

 

カテゴリー: 研修・セミナーコンテンツ